基金拠出型医療法人設立

基金拠出型医療法人は本当にメリットがあるのか?の疑問に経験豊かなコンサルティングでお応えします。

基金拠出型医療法人とは、持分の定めのない社団医療法人で、基金制度を採用している法人をいいます。基金とは、社団医療法人に拠出された金銭その他の財産であって、当該医療法人が拠出者に対して、定款に定めるところに従い返還義務を負うものです。剰余金の分配を目的としないという医療法人の基本的性格を維持しつつ、その活動の原資となる資金を調達し、その財政的基盤の維持を図るための制度です。基金制度を採用する場合には、基金の拠出者の権利に関する規定や基金の返還の手続きを定款に定めなければなりません。

医療法人化の最大の関心事は節税効果にあります。税制改正により個人所得税は増税傾向にあり、法人税は減税傾向となっており、法人化することで大幅な節税効果が見込めます。個人での事業所得が2,000万円以上を目安に医療法人化のメリットがあるとも言われますが、規模や設備により大きく変わってきますので一概には言えません。 また、節税はできても先生の可処分所得が制限されることになるなど、個人の生活設計が大きく変化する可能性があります。当事務所では法人化した場合のシミュレーションを作成し、個人経営と法人経営のケースを比較検討しながらご説明させていただき、先生方の本当に知りたいところにお答えさせていただきます。

主なコンサルティングメニュー

  • 法人化した場合のシミュレーション
  • 医療法人設立許可申請書類の作成(各都道府県)
  • 診療所開設許可申請書類等の作成(保健所)
  • 保険医療機関指定申請書類等の作成(厚生局)
  • 税務関係書類の作成(税務署・県税事務所・市町村役場)
  • 社会保険庁事務の代行(年金事務所・労働基準監督署)
  • 付帯業務としての介護保険事業の検討
  • その他の付随業務

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、首都圏
首都圏以外は交通費を実費請求させていただきます。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。