介護サービス事業経営者の皆様

介護事業のパートナー選び

介護保険制度が2000年4月にスタートして以来、早10年以上が過ぎました。制度開始から時間がたっているものの、未だに新規参入の事業者は多く、活気がある業界となっています。

しかし、一方で介護事業者のうち、5社に1社が起業して1年以内に廃業しているともいわれています。

廃業する多くの理由は、事業者が利用者にどう接するかといった「介護をどう行うか」を知っていても、その結果として売上、経費をどのようにコントロールして利益を出し、「経営をどう事業継続してゆくか」という方法を、知らないためです。

このように自分で経営がわからないという場合、一般的な対策には「自分で学ぶ」か、「経営に詳しい方と事業を行う」かということになるでしょう。しかし、もう一つ対策があります。

それは、経営者の一番身近な専門家である「会計事務所」をどう選ぶかです。そして、選ぶべき会計事務所は、もちろん「介護に強い」会計事務所であるべきです。

児島会計では介護に特化したスタッフが、経営者の皆様のパートナーとして、事業継続のお手伝いを行っています。